瞼の整形法にはいろいろありますが、やるならコレですよ!

「目力」という言葉もあるように、
人間の顔の中でも、目は大切なパーツですよね。

目の大きさやバランス、形によっても、
顔の印象や表情も、大きく変わってくるのではないかと思います。

そのため、目の整形を考える人は非常に多いみたいです。

目の整形では、二重まぶたにする手術と脂肪取りの手術などがあります。

二重まぶたの手術には、 糸を使ってまぶたに二重を作る埋没法という方法と、
メスを使って切り開いて二重を作り出す切開法という方法があります。

また、まぶたが厚くて腫れぼったいタイプの人は、
まぶたの脂肪とか余った皮膚を取り除くという脂肪吸引という方法もあるようです。
脂肪を除去すると、目が大きくなり優しい顔立ちになれるでしょう。

このように、まぶたの整形にも種類がありますが、
それぞれに特徴があるので、手術を考えているのなら調べてみた方が良いと思います。

私がまぶたの整形でおススメするのは、
やはり埋没法ですね。

なぜなら、メスを使わないので手軽に受けられるからです。
髪の毛のような細い糸を埋め込むだけなので、
もし術後の目が気に入らない場合は、糸を取れば元に戻せるのです。

手術にかかる時間も、10分くらい。
腫れも少ないので、周囲に気づかれる心配も少ないでしょう。

万が一、失敗してもやり直しがきくので、安心ですよ。

その代わり、人によっては取れやすいというデメリットもあります。

その点、切開法は1回行うと元に戻ることはありません。
しかし、失敗した場合でも、やり直すことが出来ないので気をつけなければいけません。

それに、切開法はもちろん、
脂肪取りの手術の場合も、メスを使って切り込むので、
術後の腫れなどは避ける事が出来ないため、周囲の目も気になるでしょう。

なので、私はまぶたの手術をするなら、
まずは埋没法が良いのではないかと思います!

このブログ記事について

このページは、eikyudatsumouが2014年10月15日 09:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「私が美容整形していると思う芸能人はこの人!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。